認知度の低い家族信託とは一体どういった仕組みかを知ろう

遺言や後見制度の代わりも務めることができる家族信託

認知度の低い家族信託とは一体どういった仕組みかを知ろう

弁護士

家族信託の仕組みを調べておこう

家族信託とは、遺言書や後見人などの代わりになってくれる制度です。また、遺言書などと一緒に利用することで財産の管理や承継を希望通りに進めることができる仕組みになっています。しかし、日本ではまだ認知度が低い制度ともいえます。しかし、高齢化が進んでいる日本だからこそ、この制度に注目していく必要があります。

相談

認知度が低いためわからない点も多い

日本ではまだまだ認知度が低い家族信託は、その仕組みを理解するのも大変です。しかし、この制度を利用することで、様々なトラブルを回避することができます。たとえば、もし親が認知症になってしまった場合、何の手続きもしていないと定期預金を下ろすこともできず、また親名義の不動産に手を付けられない状態も発生してしまいます。奈良の税理士事務所では、そういった家族信託の重要性を丁寧に説明してくれます。

家族信託を行うメリットをランキング

ジャッジガベル
no.1

財産管理が簡単にできるようになる

財産管理はなにかと大変です。また、後見制度になると、様々な制約があるため、毎年家庭裁判所へ報告を行わなくてはなりません。家族信託でこの財産管理をお願いすると、委託者と受託者をきちんと決めることができ、万が一の場合でも安心することができます。

no.2

遺言書ではできなかったことができる

遺言書の作成には細々とした決まりがあります。また、作成方法が決められているため、厳格に守らなくてはなりません。しかし家族信託で行うことで、遺言書と同じ効力を持ちながら、委託者と受託者の契約だけでおこなえます。また、委託者が亡くなった後に発生した相続で、財産承継する相手を指定することもできます。

no.3

相続問題が軽減できる

遺言書が残っていても、その内容の曖昧さなどが原因で相続問題が発生することもあります。また、遺言書を書く時点で、既に配偶者の判断能力が低下している可能性もあります。様々なリスクがある中で、家族信託を行うことで、元気なうちにどういった配分をするかなどを決めることができます。

広告募集中