弁護士にお願いすることで問題を解決させることができる

正確な情報が必要な弁護士には依頼人の秘密は必ず守る義務がある

弁護士にお願いすることで問題を解決させることができる

法律書

様々な問題を解決する手助けをする弁護士

大阪には多くの弁護士事務所があります。そこでは日々、様々な問題を抱えて相談に訪れる人達が後をたちません。たとえは医療ミスにより後遺症をもらってしまった相談者や、フランチャイズ本部を立ち上げたいと考える相談者など様々です。その1つ1つを弁護士がサポートすることで、解決させることができます。

相談

弁護士が守らなくてはならない依頼人の情報

弁護士は様々な問題を解決するために依頼を受けます。その中には、過去に依頼を受けた相手に関わる問題も出てくる事もあります。しかし、だからといって簡単にその情報を別の依頼人に提示することはできません。様々な人の秘密を聞き、そこから解決への糸口を見つける弁護士は、それだけ依頼人の個人情報を持つことになるため、その秘密を守る「守秘義務」を徹底させる必要があります。

比較することで分かる守秘義務の大切さ

依頼人側の守秘義務のメリット

依頼人は自分の問題を解決するために、弁護士へ様々な秘密やプライベートを伝えなくてはいけない場面が多くあります。その中には他人には知られたくない情報などもあります。そういった情報を守るためにある守秘義務は、安心して弁護士へ依頼できる理由にもなります。

弁護士側の守秘義務のメリット

弁護士は様々な点から問題解決をおこないます。そのため、依頼人の正確な情報が必要不可欠になってきます。しかし、依頼人にとっては社外秘であったり、プライベートな秘密であるため、外に漏れることを恐れます。そうすると正確な情報をもらうことができず、職務をまっとうできません。そうならないために、守秘義務を行使する必要があります。

広告募集中