過払い金の仕組みを調べて自分の借金を見直そう

契約状況を見直すことで過払い金を見つけることができる

払いすぎた利息を返してもらおう

消費者金融などからお金を借りた際に、元本と共に利息を支払わなければなりません。しかし、法律によって利息の利率は決められています。その利率以上の利息を支払うことを、過払い金といいます。この過払い金はきちんと調べることで、返済請求することができます。自分が支払った利息が払いすぎていないかを調べてみましょう。

過払い金返還請求の際の注意点

  • 貸金業者のブラックリストに記載される
  • 訴訟を起こすと回収に時間がかかる
  • 借金返済中だと債務が残る可能性がある

過払い金の仕組みを調べて自分の借金を見直そう

男性

過払い金には時効がある

過払い金請求を行う際に注意しなくてはいけないことがあります。それは、過払い金には時効があるということです。完済されている場合は、完済完了日から10年が時効とされています。そのため、この期限を過ぎてしまうと、過払い金が発生していても、請求することができなくなります。少しでも払いすぎたと感じる場合は、迷わず相談してみましょう。

計算

きちんと自分の借金総額を知っておこう

多くの借金をしている人は、借金の額が大きくなると毎月返していればと、借金の総額すら把握していない場合があります。しかし、そうなってしまうと、元本がいくら支払われ、利息がどれだけなのかも理解していない可能性があります。そうなってしまうと、過剰に支払っていても気付くことができません。きちんと自分の借金総額を知ることが、過払い金を見つけ出すことにも繋がります。

説明

弁護士に相談することで疑問点が無くなる

過払い金を調べたり、返還請求などは自分で行なうことができます。しかし、様々な手続きや書類集めなどが必要になってくるため、難しい点や疑問に思う点も少なくありません。京都の法律事務所では、そういった過払い金問題の相談を受け付けている事が多くあります。わからないことなどをそのままにするのではなく、気軽に相談するのといいかもしれません。

調査することで様々な点を見直すことができる

借金を返済していても、元本が減らないなどの状況が出てしまうと、きちんと返済できているのか不安になってしまいます。また、完済したけれど返済期間が長かったと感じる人もいます。そんな時、借金返済の流れを見直してみることで、多く利息を支払っていた事に気づけます。他にも、返済中ならば返済額が減額することもあるためメリットになります。

広告募集中